鳥取大学技術部

技術職員とは

工学・情報系部門

主に工学部,総合メディア基盤センターにおいて教育・研究支援を行っています. 工学部では,技術職員それぞれの専門性(化学系,機械系,電気・電子系,土木系, 情報系など)を活かし, 学生実験・実習での技術指導,測定機器の保守管理・測定・ 指導,学生主体のものづくりプロジェクトへの アドバイスなどを,総合メディア基盤センターでは, 大学のネットワーク環境の維持・管理のほか,学生に とって必携となっているパソコンの活用支援など, 教員よりも身近な存在として学生へのサポートを行っています.

また,子どもたちに科学の面白さを感じてもらい,科学への関心を深めてもらうことを目的として 出前おもしろ実験教室や学内での実験教室も開催しています.各自の技術や知識を活かしながら 子どもたち向けの実験を考え,毎回子どもたちから好評を得ています.

農学系門

フィールドサイエンスセンターは農地や森林などを活用した学生の教育・研究, 及び地域貢献の実践を目的とし, 中でも学生実習では作物の栽培や森林の管理を通して, その基礎となる技術・技能を習得する教育の中核を担っています.

また,乾燥地研究センターは,砂漠化や干ばつなど乾燥地に関する研究を行う 全国共同利用施設として,学内外の研究者に 施設・設備を提供し,共同研究を 中心とした中核的研究教育拠点です.

さらに,この分野に関心のある大学院生や留学生を受け入れ,教育・研究の指導も 行なっています.私たち,技術職員は これらに関する技術的な支援を行い,高度な教育研究の実現に向けたサポートをしています.

医学系部門

人類はさまざまな難病に直面しています.その病気の治療法を解明するため臨床や基礎分野において 動物実験を行い 様々な研究を行っています.動物実験をした組織標本は技術部で作製し教育・研究の 支援活動を行い,また学生実習 や分野の教育・研究のため職員を派遣し技術の提供を行っています.

大学で購入した共同機器を集約し,技術部に於いて研究者から学生まで使いやすいように機器の 管理および指導を行って います.また,技術部として職員が資格を取得し安全キャビネットの定期検査や 衛生管理者として大学に貢献をしています. 今後は学内のみならず広く学外への技術提供や地域貢献活動をしていきたいと思っています.